ねっとり攻める司法試験

2020年ロー卒の司法試験受験生です。3回目の受験に向けて勉強中。

勉強記録その11

 こんばんは。ねっとりです。

 昨日に引き続き、今日も少し外出をしていたため、こなした量は少なめです。

 明日以降は平常運転に戻ります。

 では、記録です。

1.肢別本 担保物権

 この範囲に限定してこなしました。もう4周目なのですが、いつも同じ肢にチェックが入ります。これはもう考えずに暗記した方がいいかもしれないです(旧司の問題だし・・・)。

2.同上 刑法各論から

 とにかく苦手な各論から進めました。各論は、最低限度の知識がそのまま論文の成績アップに繋がると考えています(過去問を解いた後の感想)。なので、しっかり時間をかけて行きます。

3.えんしゅう本 刑訴

 1~7

→GPSの問題は、今後出題されそうなので、フルスケールの答案を書きました。えんしゅう本は、人によってはかなり厳しい評価を受ける演習書ですが、(少なくとも)オリジナル問題の模範解答(構成ですが)はかなりレベルが高い気がします(変な規範を持ち出してることは無いし、何より現場で使いやすそうな論証が多い印象)。

4.えんしゅう本 刑法

 1~5

→こちらもサクサク進めます。答案構成にとどめてはいますが、フルスケールに近い分量を書いているので、「書く練習」になっていると思います。やはり、フワフワした暗記をしていると、一発でそれが発覚するので、定期的にこの勉強はすべきだと思いました。

 

以上が今日の記録です。

 

では、明日の予定です。

1.LEC短答式 民法

 20問分

2.同上 刑法

 20問分

3.同上 憲法

 20問分

 

 とりあえず、これが最低限度となります。これにプラスしてやるのは、学者演習書の消費ということになります。

 

 実は最近、少し勉強に身が入っていないことが多く、このブログを書くのが辛くなっていました。完全に自己責任なのですが、胸を張って(まあ、完全に自己満足なんですけどね、初見さん。)書いていきたいので、反省します。

 

 では、今日はこの辺で。

 おやすみなさい!